TOP > 早漏の治療までできる

EDと早漏は深い関係にあります。いずれも精神的な要因が関わっており、次第にリンクしていくのです。

早漏併発の可能性も

早漏を思い出して悔しがる男

EDに悩んでいる人の中には「PE」と呼ばれる症状に悩んでいる人もいます。

このPEという言葉、多くの人は聞き覚えがないため、どのような症状なのか想像できないと思いますが、このPEは日本語で「早漏症」と呼ばれる症状です。

早漏症というのは性行為を初めて約1分以内に射精をしてしまう症状のことを言うのですが、実はED発症者の約3分の1がこの早漏症にも悩んでいると言われているのです。

その原因として、EDになってしまうと「性器が勃起しているうちに相手を満足させなければならない」「性器が勃起している間に射精をしないといけない」と強く思い込んでしまい、精神的な焦りを感じるようになります。

その結果、脳が性行為を始めると「とにかく早く射精するように」と信号を送ってしまい、本来であれば十分な性的快感を感じなければ行われない射精が非常に早くなる、僅かな刺激でも射精するようになってしまう、というような症状が現れてしまうのです。

このような精神的な物が原因で発症する早漏症の治療を行うためにはED治療を行う必要があります。

EDがきちんと治療されていき、性器が十分に勃起するようになる、勃起が持続するようになると精神的な焦りなどが徐々に払拭されていき、最終的にはEDとPEの症状がどちらも治療されるのです。

最適な治療薬とは

薬を勧める医者

EDとPE、早漏症の治療を行う場合、どのような治療を行う必要があるのでしょうか。

EDの治療を行う際には専用の治療薬を服用することによって治療を行うことが出来ますが、早漏の治療方法というのはあまり知られてはいません。

その為、ネットなどを調べると「射精しそうになったらとにかく不幸なことを考えて無理矢理射精するのをやめるといい」というような情報が出ています。

このような事を考えながら性行為を行っていると、いつしか性行為自体が嫌なものに変わってしまうため、オススメ出来ません。

やはり治療を行うのであれば投薬による治療を行いましょう。

ED治療に使用される勃起薬と呼ばれる薬の場合、服用してもED治療のみが行われ、PEの症状も同時に治療することは出来ません。

その為、もしEDと早漏症を同時に治療しようと思ったなら、複数の薬を併用して治療を行う必要が出てくるため、薬を購入する際にかかる費用が増えてしまう、もしくは様々な薬を服用するので、身体に対して負担をかけてしまう可能性があります。

ですが、ED治療に使用される「スーパーカマグラ」と呼ばれる医薬品の場合、なんと服用することによってED治療を行いつつ、更に早漏症の治療も行うことが出来るのです。

同時に治療できる

スーパーカマグラ

EDとPE、これら2つの困った症状を1度の服薬で同時に治療することが出来る薬に「スーパーカマグラ」と呼ばれるものがあります。

この薬はED治療を行う際に服用する「バイアグラ」のジェネリック医薬品である「カマグラ」という薬をベースに開発されています。

カマグラ内に含まれるシルデナフィルがEDの症状を緩和し、更に内部に含まれる「ダポキセチン」と呼ばれる成分が脳の過度な興奮を抑え、1度の射精にかかる時間を引き伸ばし、PEの症状を抑えることが出来るのです。

また、このダポキセチンという成分はPEの治療に使用される「プリリジー」と呼ばれる治療薬に含まれているものと同じで、服用することによって1度の射精にかかる時間を元の時間から2倍、長ければ3倍にまで引き延ばすことが出来ると言われています。

ED治療薬であるカマグラを進化させたこのスーパーカマグラですが、非常に強力な薬でもあるため、服用する際には用法用量を守った上で服用する必要があります。

きちんと守った上で服用を行えば様々な症状を治療することが出来るため、もしEDとPEの症状に悩んでいるのなら、スーパーカマグラを手に入れて服用し、どちらもまとめて治療してしまいましょう。

どのようにして服用するのか

服用方法を説明する医者

スーパーカマグラはEDとPEの症状を同時に改善し治療することができる、素晴らしい医薬品ですが、この薬は非常に強力な薬のため、服用する際にはきちんと用法用量を守った服用を行う必要があります。

守らずに服用した場合、副作用が現れてしまう場合もあるため、きちんと覚えて服用するようにしましょう。

スーパーカマグラは1日1錠、性行為の1時間前に服用する事によって身体に薬効を行き渡らせた上で性行為を行うことが出来ます。

なので、服用は性行為を行う1時間前に行うようにしましょう。

また、スーパーカマグラは海外で製造されている薬のため、日本の病院で処方されるバイアグラのように1錠あたりのシルデナフィル含有量が25mgもしくは50mgではなく、1錠あたり100mg含まれています。

その為、服用する際にはピルカッターを使用して半分もしくは4分の1程度にカットしたものを服用するようにしましょう。

そして、1錠服用した後は最低24時間経過後に服用する必要が有るため、服用後にあまり効果が現れなかった、という時は追加で服用を行うのではなく、次回以降の服用を行う際に薬の量を4分の1から半分に増やす、半分から4分の3、もしくは1錠……という風に、服用する量を調節するようにしましょう。